ブロックチェーンゲーム

【クリスペ】無課金で作成できる初心者向けブロンズ緑デッキ紹介

悩んでいる人
クリスペの緑デッキを教えて下さい。

そんな疑問にお答えします。

今回は、クリスペのブロンズ緑デッキレシピをご紹介します。

完全無課金、初期カードのみの構築なので、マネするだけでOK!

毎月、フリーバトルで30勝すると報酬として貰えるゲーム内通貨80SPLをゲットしましょう。

初心者向けブロンズ緑デッキ

まず、上記が30枚のデッキです。

緑デッキは、低コストユニットを横展開し、終盤、自分のユニットの攻撃力を上げ、一気に畳み掛ける戦い方をします。

なので、序盤から中盤にかけて、いかに相手ユニットを破壊(フィールドに残しておかない)できるかがカギとなります。

また、キーカードを出すタイミングを間違えると流れがガラリと変わってしまうので、状況に応じて出すタイミングを見極めないといけないところが難しいデッキでもあります。

デッキレシピ

カード名採用枚数

ゴブリン
2枚

フェンサー
2枚

レッドゴブリン
2枚

聖域のエルフ
2枚

グリフィン
2枚

ツタの精霊
2枚

岩石の巨人
2枚

竜騎士バロン
2枚

シーサーペント
2枚

パンダの釣り師
2枚

遠吠え
2枚

風纏いのエルフ
2枚

ホルスの門番
1枚

ロストアイルの怪鳥
2枚

疾走の竜騎士バロン
2枚

密林の守護者
1枚

キーカード

ツタの精霊

召喚時に、フェアリー以外の攻撃力を1下げるカード。

序盤は攻撃力が低いユニットが並ぶので、攻撃力が1のユニットの場合、攻撃を無効化できます。

ただ、相手ユニットだけでなく、自分のユニットも効果を食らってしまうので、召喚するタイミングが難しいカードでもあります。

風纏いのエルフ

召喚時に、「聖域のエルフ」を2枚手札に加えるカード。

「聖域のエルフ」は本デッキのエースカードなので、終盤、畳み掛けたいタイミングで召喚するのが有効です。

遠吠え

味方ユニットの攻撃力 / 体力を1増加させるカード。

「風纏いのエルフ」→「聖域のエルフ」→「遠吠え」のコンボで使うと、とても強力で、相手ユニットを一掃できます。

緑デッキのユニットは全体的に攻撃力が低いため、「ここぞの場面」で活躍してくれるカードです。

聖域のエルフ

召喚時に「聖域のエルフ」を1体場に出す、本デッキのキーカード。

攻撃 / 体力が1ではありますが、1体出すことで2体場に並ぶので、手数をかけずにユニットを横展開できます。

バトルの最終盤に、「遠吠え」や「アルベリッヒの倍化」で自身の攻撃力を上げ、総攻撃するコンボが有効です。

立ち回り解説

それでは、立ち回りを見ていきましょう。

クリプトスペル選択

クリプトスペルは、コスト6の「アルベリッヒの倍化」がおすすめです。

全ユニットの攻撃力 / 体力を2倍にするので、最終盤の仕上げに最適です。

また、対戦相手がコンピュータの場合は大型ユニットをバンバン出してこないので、コスト2の「アルベリッヒの増強」でもOKです。

【立ち回り】序盤

序盤は、「ゴブリン」や「グリフォン」を召喚し、相手ユニットを除去していきます。

また、「フェンサー」と「竜騎士バロン」は相手ユニットにダメージを与える効果を持っているので、攻撃力が高いユニットが場にいるときに召喚し、有利な盤面にしていきましょう。

【立ち回り】中盤

中盤は、攻撃力が高いユニットが出てくるので、前衛ユニット「ホルスの門番」を召喚したり、「遠吠え」の効果で自分ユニットの攻撃力を上げ、相手ユニットを除去していきます。

緑デッキの特徴として、攻撃力が高いユニットがあまり多くないので、相手LPを削るよりユニットを破壊することに専念し、相手に攻撃の機会を与えないことが重要です。

なので、攻撃力が高めの「ロストアイルの怪鳥」や「疾走の竜騎士バロン」は、相手ユニットを破壊するための役割としての活用すると良いでしょう。

【立ち回り】終盤

終盤は、「風纏いのエルフ」→「聖域のエルフ」→「アルベリッヒの倍化」のコンボで仕上げます。

「風纏いのエルフ」→「聖域のエルフ」で場にユニットを横展開し、「アルベリッヒの倍化」の効果で攻撃力を2倍して畳み掛けます。

注意点としては、「アルベリッヒの倍化」の効果は相手ユニットにも反映されます。

なので、相手ユニットが場にいないとき、もしくは1ターンで確実にLPを削れるときに発動しましょう。

まとめ

今回は、クリスペのブロンズ緑デッキをご紹介しました。

初期カードのみの編成で、誰でも作ることができるので、ぜひ参考にしてみてください。

本日は以上です。

各文明のおすすめデッキは、下記よりご覧ください。

bitbank

-ブロックチェーンゲーム
-