ブロックチェーンゲーム

元素騎士オンライン ステーキングのやり方!MV購入やステーキングまでの手順解説

悩んでいる人
元素騎士オンラインのステーキングのやり方を教えてください。

そんな疑問にお答えします。

今回は、元素騎士オンラインのステーキングのやり方をご紹介します。

ステーキングとはMVトークン(仮想通貨のこと)を運営に預けることで報酬が貰えるシステムのことです。

ステーキングを行うことで、下記の特典があります。

  • 10,000MV以上ステーキングすると、NFTが貰える権利が得られる
  • 22,000MV以上ステーキングすると、クローズドα※の参加権利が得られる
  • 報酬として、RONDトークン(仮想通貨のこと)が得られる

※クローズドαとは、リリース前にいち早くプレイできる権利のことです。

配布されるRONDの量は、ステーキングしたMVの量が多いほど増加するため、たくさん預けることでたくさん貰えます。

元素騎士オンラインのステーキング方法

それでは、ステーキングの流れを見ていきます。

今回の簡単な流れです。

ステーキングの流れ
1. MVを購入する
2. MVを運営に預ける(ステーキングのこと)

また、ステーキングに必要なものは、下記のとおりです。

  • MV(仮想通貨)
  • MATIC(仮想通貨)
  • 国内取引所の口座(GMOコインやビットバンク)
  • 海外取引所の口座(バイナンスやバイビット)
  • ウォレット(メタマスク)

今回は、GMOコイン、バイビット、メタマスクを使用して解説していきます。

その他、「コインチェック」や「ビットバンク」などの国内取引所や「バイナンス」の海外取引所でもOKです。

ただし、ウォレットは「メタマスク」のみ対応なので、注意してください。

【STEP1】国内取引所でステラルーメンを購入する

まず、国内取引所(今回は、GMOコイン)で仮想通貨を購入します。

仮想通貨は様々な種類がありますが、今回はステラルーメン(XLM)※を使用したやり方で解説します。

※他の通貨でもやり方はほとんど同じです。

口座開設や仮想通貨の購入方法は、下記の記事にまとめています。

【STEP2】海外取引所へステラルーメンを送付する

続いて、国内取引所から海外取引所へステラルーメンを送付します。

ポイント

ステーキングするには、MV(仮想通貨のひとつ)を用意する必要があります。ただ、国内取引所にはDOMEの取り扱いがないため、このような手順を踏みます。

今回、海外取引所はバイビットを使用していきます。

送付手順は下記にまとめていますので、参考にしてみてください。

【STEP3】ステラルーメンを売却し、テザー(USDT)を購入する

バイビットにステラルーメンを送付できたら、ステラルーメンを売却し、テザー(USDT:仮想通貨のひとつ)を購入します。

理由は、MVはテザー(USDT)のみ交換でき、ビットコインやステラルーメンなどの仮想通貨と直接交換できないからです。

なので、ステラルーメンをテザーに変え、そのテザーをMVに変える作業が必要なのです。

まずは、【STEP3】でステラルーメンをテザーに変え、【STEP4】でテザーをMVに変えていきます。

ここからは画面をお見せしながら、解説します。

step
1
XLM/USDTの取引画面へ移動する

バイビットの管理画面から通貨「XLM」と検索します。

すると、[XLM/USDT]が出てくるので、クリックします。

ステラルーメンではなく、他の通貨を売却する場合は[所有する通貨/USDT]を選びましょう。

・ビットコインを売る場合[BTC/USDT]

・リップルを売る場合[XRP/USDT]

step
2
取引の設定を行う

次に、取引の設定です。

下記のように、XLM(ステラルーメン)の残高からどのくらい売却するか決めます。

①買い / 売り を選択
[売り]を選択
②成行 / 指値 を選択
・成行・・・価格を指定しない注文方法

・指値・・・自分で価格を指定して注文する方法
③注文価格の設定
どの価格で売却するか決めます
④数量を設定
残高から売却する数量を指定する

可能であれば、自分で価格を指定できる「指値」を選択し、注文しましょう。

確認画面が表示されるので、問題なければ[XLMを売る]をクリックすれば注文完了です。

【STEP4】MVを購入する

テザー(USDT)を入手したら、続いて、MVを購入していきます。

MVは今回のメインとなる仮想通貨で、ステーキングする際に必要です。

では、バイビットの管理画面より、検索ボックスで[MV]と検索します。

すると、[MV/USDT]が出てくるので、クリックします。

では、下記の項目を設定し、MVを購入します。

①買い / 売り を選択
[買い]を選択
②成行 / 指値 を選択
・成行・・・価格を指定しない注文方法

・指値・・・自分で価格を指定して注文する方法
③注文価格の設定
どの価格で購入するか決めます
④数量を設定
残高から購入する数量を指定する(このあと、MATICを購入するので、全額購入しない

このとき、所有するテザー(USDT)を全額MVに変えるのではなく、少し残しておきます。

というのも、ステーキングする際、手数料が必要となり、このあとテザーで手数料分のMATIC(仮想通貨)を購入します。

[MVを買う]をクリックすると、購入完了です。

【STEP5】MATICを購入する

続いて、MATIC(仮想通貨のひとつ)を購入します。

MATICは、ステーキングする際の手数料に使用する通貨です。

では、バイビットの管理画面より、検索ボックスで[MATIC]と検索します。

すると、[MATIC/USDT]が出てくるので、クリックします。

では、下記項目を入力し、MATICを購入します。

①買い / 売り を選択
[買い]を選択
②成行 / 指値 を選択
・成行・・・価格を指定しない注文方法

・指値・・・自分で価格を指定して注文する方法
③注文価格の設定
どの価格で購入するか決めます
④数量を設定
10MATIC以上の数量に指定する

テザー(USDT)を売却してMATICを購入する際、最低でも10MATIC購入しないと取引成立しないので、注意しましょう。

※1MATIC=178円(2022年4月14日時点のレート。)

[MATICを買う]をクリックすると、購入完了です。

【STEP6】MVをウォレットに送付する

続いて、MVをウォレットに送付します。

今回、使用するウォレットは「メタマスク」です。

メタマスクをお持ちでない方は、下記に登録方法まとめているので登録ください。

step
1
ネットワークを追加する

MVをメタマスクに送付するには、Polygonネットワークへ接続する必要があるので、設定していきます。

まず、メタマスクにログインします。

右上の「イーサリアムメインネットワーク」をクリックし、[ネットワークを追加]をクリックします。

続いて、下記の内容を入力します。

ネットワーク名Matic mainnet
新しい RPC URLhttps://polygon-rpc.com
チェーンID137
シンボルMATIC
ブロック エクスプローラの URLhttps://polygonscan.com/
↑ そのままコピーアンドペーストしてください。

入力後、[保存]をクリックすれば、完了です。

再び、右上をクリックし、Matic mainnetの枠が表示されていればOKです。

step
2
出金手続きをする

バイビットの管理画面のメニューの[資産][現物アカウント]をクリックします。

MVの[出金]※をクリックします。

※このとき、MVが購入できているか確認。残高がなければ送ることができません。

ウォレットアドレス欄の[ウォレットアドレスを追加する]をクリックします。

[追加]をクリックします。

ウォレットアドレスは、下記の内容を入力します。

コイン
「MV」に変更
チェーンタイプ
そのままでOK(MATICになっているか確認)
アドレス
メタマスクのMatic mainnetのアドレスを入力
※下記に場所記載
アドレス名
任意。分かるように「メタマスク」と入力
セキュリティ認証
Googleの2段階認証アプリに表示されているコードを入力

※メタマスクのアドレスは、下記の場所にあります。

[確定追加]をクリックすると、ウォレットアドレスの追加が完了です。

ウォレットアドレスを作成したら、[所持資産に戻る]をクリックします。

再び、MVの[出金]をクリックします。

ウォレットアドレス欄には、先ほど追加したアドレスを選択し、メタマスクに送るMVの数量を入力。その後、[提出]をクリックします。

登録したアドレスに送付された「認証コード」とGoogle2段階認証コードを入力し、[提出]をクリックします。

これで、送付手続きの完了です。

step
3
メタマスクにMVトークンをインポートする

メタマスクにMVが送付されたか、確認します。

初期設定ではMVが表示されないので、トークンをインポートします。

まず、メタマスクのネットワーク変更からMatic mainnetを開き、[トークンをインポート]をクリックします。

MVのトークンコントラクトアドレスを入力し、[カスタムトークンを追加]をクリックします。

トークンコントラクトアドレス0x475bfaa1848591ae0e6ab69600f48d828f61a80e
トークンシンボルDOME
トークンの少数桁数18
↑ トークンコントラクトアドレスはコピーアンドペーストする

[トークンをインポート]をクリックし、下記のように、MVが表示されれば、送付完了です。

出金手続き後、すぐにメタマスクに送金されません。

ByBitからメールがきたタイミングで、メタマスクに送金されているか確認しましょう。

【STEP7】MATICをウォレットに送付する

続いて、MATICをウォレットに送付します。

手順は【STEP6】のMVのときと一緒です。

バイビットの[資産][現物アカウント]へ移動し、MATICの[出金]をクリックします。

ウォレットアドレス欄の[ウォレットアドレスを追加する]をクリックします。

[追加]をクリックします。

ウォレットアドレスは、下記の内容を入力します。

コイン
「MATIC」に変更
チェーンタイプ
そのままでOK(MATICになっているか確認)
アドレス
メタマスクのMatic mainnetのアドレスを入力
※下記に場所記載
アドレス名
任意。分かるように「メタマスク」と入力
セキュリティ認証
Googleの2段階認証アプリに表示されているコードを入力

※メタマスクのアドレスは、下記の場所にあります。

[確定追加]をクリックすると、ウォレットアドレスの追加が完了です。

ウォレットアドレスを作成したら[所持資産に戻る]をクリックし、再び、MATICの[出金]をクリックします。

ウォレットアドレス欄には、先ほど追加したアドレスを選択し、メタマスクに送るMATICの数量を入力。

その後、[提出]をクリックします。

登録したアドレスに送付された「認証コード」とGoogle2段階認証コードを入力し、[提出]をクリックします。

メタマスクに送付されていれば完了です。

【STEP8】ステーキングする

メタマスクに「MV」と「MATIC」を送付したら、最後、ステーキングします。

元素騎士オンラインのステーキングページに移動します。

まず、メタマスクを接続します。

接続後、[ステーキング]をクリックします。

ガス代(手数料)が表示されるので、[確認]をクリックします。

注意ポイント

メタマスクに手数料分のMATICが入っていないと、取引成立しないので注意しましょう。

ステーキングページに、「現在のお預入れMV」に表示されれば完了です。

これでステーキング完了です。

ステーキングが上手くいかない場合

通常であれば、メタマスクに接続したタイミングで「新規で預けるMVの量」の数値がウォレットにあるMV数に変更されます。

しかし、不具合で数値が「0(ゼロ)」のままの場合があります。

そんなときは[MVのステーキングを許可する]をクリックすると、下記のページに移動するので[確認]をクリックします。

すると、不具合が直っている場合があるので、試してみてください。

しかし、それでも直らない場合があります(私が操作したときは上記の作業でも直りませんでした)。

そんなときは、一度PCを再起動してみると改善されるかもしれません。

私は、再起動したら直ったので、ぜひ試してみてください。

まとめ

今回は、元素騎士オンラインのステーキング方法をご紹介しました。

元素騎士オンラインの詳細は下記にまとめているので、よかったら見てみてください。

本日は以上です。

bitbank

-ブロックチェーンゲーム
-,