SEO対策 内部対策 記事を書く

ブログで使えるマジカルナンバー7とは?【心理学を活用したブログ運営】

悩んでいる人
マジカルナンバーとは何ですか?ブログで活用できる方法はありますか?

そんな疑問にお答えします。

いきなりですが、こちらの文字を20秒で覚えられますか?

LNGEPAIPCTDL

人が短時間に記憶できる情報量は7つ前後と言われています。

このことを「マジカルナンバー7」と呼びます。

今回は、ブログで使えるマジカルナンバー7をご紹介します。

この記事を読むと分かること

  • マジカルナンバー7とは
  • マジカルナンバーの具体例
  • ブログで使えるマジカルナンバー7

結論、マジカルナンバー7を意識することで、ユーザーが使いやすく、読みやすいブログになります。

\当サイト使用WordPressテーマ/
サンプル
AFFINGER6

マジカルナンバー7とは

マジカルナンバー7とは、1956年にアメリカの心理学者ジョージ・アーミテージ・ミラーによって提唱されたもので、

人が短時間に記憶できる情報量は7±2個(チャンク)

とする説のことです。

トド

確かに、短時間で10個以上覚えるのは難しいかもしれないです。

チャンクとは?

チャンクとは、情報をひとまとまりとして、記憶できる単位のことを言います。

例えば、先程の「LNGEPAIPCTDL」を例にすると、下記のようになります。

12チャンク
L」「N」「G」「E」「P」「A」「I」「P」「C」「T」「D」「L」

と一つ一つアルファベットを区切る場合、そのアルファベットごとが1チャンクとなります。
4チャンク
「LNG」「EPA」「IPC」「TDL」

と単語ごとで4つに区切る場合、4チャンクとなります。

※LNG(Liquefied Natural Gas): 液化天然ガス、EPA(Environmental Protection Agency): 環境保護局、IPC(International Paralympic Committee): 国際パラリンピック委員会、TDL(Tokyo Disney Land): 東京ディズニーランド

このように、アルファベットにした場合は12個もあり覚えることが難しいですが、単語ごとにまとめた場合4個となります。

どうでしょうか。4チャンクに区切れば、20秒もあれば覚えられるのではないでしょうか。

現在の主流はマジカルナンバー4±1

マジカルナンバー4±1とは、2001年にアメリカの心理学者ネルソン・コーワンによって提唱されたもので、

人が短時間に記憶できる情報量は4±1個(チャンク)

とする説のことです。

確かに現在では、マジカルナンバー4±1に当てはめた数字は数多く使用されているので、こちらのほうが主流でしょう。

マジカルナンバーの具体例

では、実際にマジカルナンバーが使用されている具体例をいくつか紹介します。

数字に関する例

  • 電話番号(xxx-xxxx-xxxx):3チャンク
  • 郵便番号(xxx-xxxx):2チャンク

他にもマイナンバーカードの暗証番号(4桁)や車のナンバー(4桁)など、4±1で覚えられる数で設定されています。

単語に関する例

  • Automated Teller Machine (ATM):3チャンク
  • Association of Southeast Asian Nations  (ASEAN):5チャンク
  • 焼酎ハイボール(チューハイ):5チャンク
  • 土壇場でキャンセル(ドタキャン):5チャンク
  • ステルスマーケティング(ステマ):3チャンク

覚えやすいように、多くの略語が世間に浸透しています。

ブログで使えるマジカルナンバー7

それでは、ブログで使えるマジカルナンバー7についてご紹介します。

ブログで使えるマジカルナンバー7

  • ランキングで紹介する数は3〜9に絞る
  • ブログ名は9文字以内に収める
  • ナビゲーションメニューを9個に収める

ランキングで紹介する数は3〜9に絞る

商品を紹介する際に書くランキング記事では、紹介する数は3〜9個に絞ると良いでしょう。

例えば、

  • おすすめの電動歯ブラシ5選
  • おすすめの電動歯ブラシ18選

だと、「前者」のほうが厳選されており、選びやすい気がしませんか?

確かに18個も紹介されているので知識としてはありがたいですが、どの歯ブラシを選べばいいか悩むと思います。

また、選択肢を増やしすぎると、かえって選びづらくなる「ジャムの法則」によると、選択肢が少ないほうが売り上げが上がることが分かっています。

そういう点でも、マジカルナンバーを意識した記事を書きましょう。

ブログ名は9文字以内に収める

ブログ名は、9文字以内に収めましょう。

なぜなら、ブログ名は「ブログの顔」となり、多くのユーザーに覚えてもらうために重要だからです。

例えば、下記の2つであれば、どちらが印象に残るでしょうか。

  • トドが教える会社に依存しない働き方講座
  • トドジョブ

おそらく、「後者」でしょう。短いほうが印象に残りますよね。

ちなみに、多くのサイト(アプリ)は名前が短いです。

  • ぐるなび
  • メルカリ
  • リクナビ

また、ブログ名を短くすることでサイテーションを獲得しやすくなり、SEO効果もあります。

一度来たユーザーの印象に残るように、ブログ名もマジカルナンバーを意識しましょう。

ブログ名の決め方は、ブログ名が決まらない【迷ったらときの決め方は〇〇+ブログでOK!】で解説しています。

ナビゲーションメニューを9個に収める

ナビゲーションメニューとは、読者が目的のページまで辿り着けるように設置するメニューのことです。

ナビゲーションの種類は、大きく分けて3つあります。

  • グローバルナビゲーション
  • サイドナビゲーション
  • パンくずナビゲーション

例えば、グローバルナビゲーションはこちら(ピンク枠)です。

グローバルナビゲーションの数が多すぎると、ユーザーは迷ってしまいます。

なので、類似した項目はまとめるなどして、必要最低限の数を表示させましょう。

まとめ ユーザー目線で記事を作ろう!

今回は、ブログで使えるマジカルナンバー7をご紹介しました。

マジカルナンバー7とは、人が短時間に記憶できる情報量は7±2個(チャンク)しかないことです。

マジカルナンバーは、ブログで活用できる心理学になります。

ブログで使えるマジカルナンバー7

  • ランキングで紹介する数は3〜9に絞る
  • ブログ名は9文字以内に収める
  • ナビゲーションメニューを9個に収める

特に、ユーザー目線で記事を書く上で重要になってくるので、ぜひ意識して使いましょう。

本日は以上です。

-SEO対策, 内部対策, 記事を書く
-