ブロックチェーンゲーム

【NFTゲーム】MonkeyLeague(モンキーリーグ)とは?ゲームモードや稼ぎ方を紹介

悩んでいる人
モンキーリーグとはどんなゲームですか?

そんな疑問にお答えします。

MonkeyLeague(以下、モンキーリーグ)はSolanaブロックチェーンに基づいて構築されたサッカーゲームです。

プレイヤーはNFTのキャラクターを用いてチームを編成し、試合に勝利するために戦います。

本ゲームは「Play To Earn」要素を取り入れており、遊びながらお金を稼ぐことができます。

そこで今回はモンキーリーグのゲームモードや稼ぎ方をご紹介します。

リリース時期は未定なので、ホワイトペーパー※を中心に、現在公開されている情報をお伝えします。

※事業計画書

モンキーリーグとは

参照 MonkeyLeague公式サイト

モンキーリーグはSolanaブロックチェーンに基づいて構築されたサッカーゲームです。

FIFAストリート※とチェスの要素を組み合わせており、新感覚なサッカー体験が味わえます。

※EA Canadaによって開発されたサッカーゲーム

試合はターン制で、1ターンに3つの行動(パスを出す、シュートを打つなど)を選択し、ゴールを目指します。

通常のサッカーとは違い、2手、3手、相手の行動を予測しながらゴールに迫る必要があるため、頭も使うゲーム内容です。

また、本ゲームは「Play To Earn」要素を取り入れており、遊びながらお金を稼ぐことができます。

試合に勝利したり、観客として優勝チームを予想することでMBSトークン(仮想通貨)が獲得でき、リアルマネーを獲得できます。

ゲームルール

参照 MonkeyLeague公式サイト

本ゲームはモンキーと呼ばれるキャラクターでチームを組み、試合を行います。

それでは、基本的なルールをご紹介します。

【ルール1】ポジション

各プレイヤーは、4人のモンキーで構成されたチームで試合を行います。

チームには4つのポジションがあり、ストライカー、ミッドフィルダー、ディフェンダー、ゴールキーパーに分けられます。

  • ストライカー
  • ミッドフィルダー
  • ディフェンダー
  • ゴールキーパー

各モンキーはどのポジションでもプレイできますが、適正ポジションに配置すると、最大値のステータスでプレイできます。

では、各ポジションの特徴です。

【ポジション1】ストライカー

参照 MonkeyLeague公式サイト

相手ゴールに一番近い場所でプレーし、得点を奪うことが目的のポジションです。

ストライカーはすべてのゾーンでプレーできますが、アタックゾーンでのみ、シュートを放つことができます。

下記が、アタックゾーンです。

参照 MonkeyLeague公式サイト

また、下記がストライカーのみ保有する、固有アクションの一覧です。

プレシジョンショット
より正確にゴールへシュートを打てる
プロテクティブホールディング
モンキーの能力をアップさせる
ハードヘッダー
ヘディングのパワーがアップする

ストライカーは相手チームからのプレッシャーや防御をかい潜る必要があり、タッチの精度やボール処理に優れていると活躍できます。

【ポジション2】ミッドフィルダー

詳細分かり次第、追記

【ポジション3】ディフェンダー

詳細分かり次第、追記

【ポジション4】ゴールキーパー

参照 MonkeyLeague公式サイト

自陣のゴール前に立ち、相手のシュートを防ぐポジションです。

ゴールキーパーは下記のゾーンでのみプレイできます。

参照 MonkeyLeague公式サイト

また、ゴールキーパーは自分のゾーンでのみ、下記のアクションが発動できます。

ゴールデングローブ
ゴールを守り、シュートブロックの能力アップ
ゴールキーパーレジスタンス
ゴール周辺でゴールキーパーの能力アップ
ロングボール
ボールを蹴る距離がアップ

ゴールキーパーは防御力に優れているのはもちろんのこと、コントロールやパス精度が高いと活躍できます。

【ルール2】マッチプレー

参照 MonkeyLeague公式サイト

試合は12ラウンド※で構成されています。

※自分6ラウンド、相手6ラウンド

ターン制で、各チームのターンが終了するとラウンドが終了します。

各ターンごとに、最大3つの行動が選択でき、プレイヤーは相手の動きを予想する必要があります。

下記が、行動の一例です。

攻撃時
・ポジションを変更する

・パスを出す(ボールの位置の移動)

・シュートを打つ
守備時
・プレス(ボール持っている敵との距離を詰める)に行く

・パスカットする

・ドリブルを止める

各チームは6ラウンド(計12ラウンド)のプレーの中で、先に3ゴール決めたチームが勝利となります。

【ルール3】フィールドゾーン

フィールドは、下記の4つのゾーンに分割されています。

  • アタックゾーン
  • ミッドフィルダーゾーン
  • ディフェンダーゾーン
  • ゴールキーパーゾーン

モンキーはボールの保持など、一部のアクションはすべてのゾーンで行えます。

しかし、固有アクションは、対応したゾーンでのみ発動できます。

・ストライカーがゴールを狙う場合、アタックゾーンにいる必要がある

ゴールキーパーゾーンでファウルを犯した場合、ペナルティーキック(PK)となる

プレイヤーはマップ上のハイライト(黄色の枠)されたゾーンを選択するとアクションが実行されます。

参照 MonkeyLeague公式サイト

【ルール4】アクションの判定

参照 MonkeyLeague公式サイト

「シュートブロックする」「ドリブルを成功させる」などのアクションは、モンキーのレベルによって決まります。

例(上記の図)

攻撃側はシュートを決めたい、守備側はシュートブロックしたいとします。

このとき、攻撃側のドリブル力が79、守備側のディフェンス力が70の場合、0〜79、0〜70の間でランダムに選択され、数字が大きいほうがチャレンジ成功となります。

仮に攻撃側が72、守備側が68となった場合、攻撃側が勝利し、シュートが決まり、得点となります。

この数値はモンキーのレベルやレアリティによって増加するので、強力なモンキーほど勝率が上がる仕組みです。

【ルール5】試合後の疲労

参照 MonkeyLeague公式サイト

プレイヤーは、連続して試合を行うことができません。

モンキーは試合を行うとスタミナやHP、エネルギーを消費し、ゲージが0になると、強制的に試合ができなくなります。

スタミナやHPは時間の経過とともに回復しますが、即座に回復させたい場合は下記のアイテムを使用しましょう。

下記が、スタミナやHPを回復させるアイテムです。

回復アイテム(スタミナ・HP用)
・バナナ
・モンキーバー
・フルーツポンチ
・ジャングル・ジュース

また、試合に出続けるとケガをする場合があり、下記のアイテムを使用することで回復します。

回復アイテム(ケガ用)
・バンドエイド
・ビタミンブースト
・医療キット
・モンキーミスト
・カリウム注入

これらアイテムは、ゲーム内ストアで購入、もしくは勝利報酬で獲得できます。

【ルール6】試合後の報酬

試合に勝利するとMBSトークンやXP(経験値)ポイント、アイテムが獲得できます。

  • MBSトークン
  • XP(経験値)ポイント
  • アイテム

これらの報酬はプレイヤーのランクを上げることで、より豪華な報酬になる仕組みです。

【ルール7】ゲームモード

試合は、3つのモードに分かれています。

プレイヤーvsコンピュター(PvE)
モンキーの能力を確かめるための練習モード
プレイヤーvsプレイヤー(PvP)
各プレイヤーがチーム全体をコントロールする対プレイヤーモード
チームvsチーム
各チームが複数のプレイヤーによって制御されるモード

PvPを行うには、モンキーを4体入手する必要があります。

チームvsチームは4人のプレイヤーが集まれば、1体のモンキーで参加できます。

ゲーム内で登場するNFT

本ゲームでは、2種類のNFTが登場します。

  • モンキーNFT(選手)
  • スタジアムNFT(土地)

【NFT1】モンキーNFT(選手)

参照 MonkeyLeague公式サイト

モンキーは、試合するために欠かせない選手(プレイヤー)です。

各モンキーは合計31の特性と属性に基づいて、ステータスが決定します。

ポジション
・ストライカー
・ミッドフィルダー
・ディフェンダー
・ゴールキーパー
スキル
・精度
・パス
・コントロール
・防御
固定アクション
・プレシジョンショット
・プロテクティブホールディング
・ハードヘッダー
・フランクパス
・エクストリームプレス
・パスインターセプト
・ハードタックル
・ディフェンシブアウェアネス
・ラストスタンドディフェンス
・ゴールデングローブ
・ゴールキーパーレジスタンス
・ロングボール
外見
・髪
・目
・耳
・鼻
・口
・腕
・服装
・服装の絵柄
・カラー
・タトゥー
・足

また、上記のほかに、4つのレアリティに分かれています。

レアリティ
・コモン
・レア
・エピック
・レジェンダリー

これらの組み合わせでモンキーは構成されているので、同一の性能は一切なく、すべてが異なるステータスを保有しています。

【NFT2】スタジアムNFT(土地)

スタジアムは試合を行うための場所です。

スタジアム所有者はホストして、チーム間の試合をサポートします。

また、試合が行われないときはモンキーを訓練し、能力を向上させる場としての役割も果たします。

発行されるトークンについて

参照 MonkeyLeague公式サイト

本ゲームでは、MBSトークンとSCOREトークンが発行されます。

  • MBSトークン
  • SCOREトークン

【トークン1】MBSトークン

MBSトークンはゲーム内通貨のことで、モンキーを繁殖させたり、アイテムを購入する際に使用されます。

下記の場面で、MBSトークンが獲得できます。

MBSトークンの獲得機会
・仮想通貨取引所で購入する

・ミッションをクリアする

・試合に勝つ

・観客として試合を観戦する

・スタジアムを貸し出す

MBSトークンは日本円と交換できるため、「ゲーム内で獲得する=お金を稼ぐ」のと同じ意味となります。

【トークン2】SCOREトークン

SCOREトークンはガバナンストークンのことで、所有数に応じてゲームの方針を決めることができる投票権が獲得できます。

仮想通貨取引所では販売されない、貴重なトークンです。

モンキーリーグの稼ぎ方

参照 MonkeyLeague公式サイト

本ゲームの稼ぎ方は3つあります。

  • チームを構築して試合に勝つ
  • スタジアムを所有し、試合を主催する
  • 観客として優勝チームを応援する

【稼ぎ方1】チームを構築して試合に勝つ

1つ目はチームを構築して、試合に勝つことです。

試合に勝利すると、MBSトークンが報酬として獲得できます。

MBSトークンは日本円と交換できるため、試合に勝利すればするほどリアルマネーが稼げるという仕組みです。

ただ、試合を行うにはモンキーNFTを最低でも1体用意する必要があります。

なので、初期投資しないとお金が稼げないということです。

【稼ぎ方2】スタジアムを所有し、試合を主催する

スタジアムを所有することで、お金を稼ぐことができます。

トーナメントやイベントを主催するスタジアム所有者は、運営から利用料としてMBSトークンを徴収することができます。

スタジアムはNFT化されており、マーケットプレイスで購入することで入手できます。

【稼ぎ方3】観客として優勝チームを応援する

モンキーやスタジアムなどのNFTを所有していないプレイヤーは、観客としてプレイする選択肢もあります。

観客は勝利するチームを予想し、見事的中した場合、MBSトークンが獲得できる仕組みです。

また、優勝するチームの予想だけでなく、相手チームを分析をして応援するチームをサポートすることもできます。

アイテムを使用すれば、報酬が増加する特典もあります。

ロードマップ

今後の開発予定です。

2021年12月
MBSトークン発売
2022年1月
モンキーNFT販売開始
2022年4月〜6月
・ステーキング
・プレイテスト
・繁殖カプセル販売
・特別なNFTドロップ
2022年7月〜9月
・クローズドβ版リリース
・マーケットプレイス公開
2022年10月〜12月
・ゲーム内ストア公開
・PvEモードリリース

実際にプレイできるのは、2022年7月以降です。

正式リリース時期は未定なので、分かり次第追記します。

MBSトークンの購入方法

MBSトークンは、海外取引所の「ByBit」で購入できます。

購入の流れです。

step
1
国内取引所で仮想通貨を購入する

まず、国内取引所(コインチェックやGMOコインなど)で仮想通貨を購入します。

取引所は様々な種類がありますが、おすすめは「GMOコイン」です。

GMOコインは送金手数料が無料なため、余計な費用がかからず始められます。

詳しくは、下記にまとめています。手順に沿って仮想通貨を購入してみてください。

step
2
ByBitへ仮想通貨を送付する

【STEP1】で仮想通貨を購入したら、ByBitへ仮想通貨を送付します。

送付手順は下記にまとめていますので、参考にしてみてください。

step
3
送付した仮想通貨を売却し、USDT(テザー)を購入する

MBSトークンを購入するには、USDT(テザー:仮想通貨のひとつ)を所有する必要があります。

なので、ByBitに仮想通貨を送付できたら、USDT(テザー:仮想通貨のひとつ)を購入します。

検索ボックスに送付した仮想通貨のティッカーシンボル(アルファベットのコード)を入力し、[所有する通貨/USDT]の項目を見つけます。

例 ステラルーメン(XML)を売却し、USDTを購入する流れ
・ビットコインを送付した場合・・・[BTC/USDT]をクリック

・リップルを送付した場合・・・[XRP/USDT]をクリック

・イーサリアムを送付した場合・・・[ETH/USDT]をクリック

送付した仮想通貨を売却し、USDT(テザー)を購入する設定を行います。

例 ステラルーメン(XML)を売却し、USDTを購入する流れ

step
4
USDT(テザー)を売却し、MBSを購入する

【STEP3】でUSDTを購入したら、USDTを売却し、MBSを購入します。

検索ボックスで[MBS/USDT]を選択します。

ここでは、「買い」を選択し、USDTを売却し、MBSを購入しましょう。

これで購入完了です。

まとめ

今回はモンキーリーグのゲームモードや稼ぎ方をご紹介しました。

改めて、モンキリーグとはFIFAストリートとチェスの要素を組み合わせたサッカーゲームです。

通常のサッカーとは違い、2手、3手、相手の行動を予測しながらゴールに迫る必要があるため、新感覚なゲーム体験が可能です。

もし、興味があれば遊んでみてください。

本日は以上です。

bitbank

-ブロックチェーンゲーム
-