ブロックチェーンゲーム メタバース

スターアトラスの遊び方と稼ぎ方を紹介!宇宙を舞台にしたメタバースゲーム

悩んでいる人
スターアトラスってどんなゲームですか

そんな疑問にお答えします。

スターアトラスとは、2620年を舞台に、人間、エイリアン、ロボットによって支配されている宇宙をテーマにしたMMOタイプのメタバース(仮想現実)ゲームです。

3つの派閥(人間、エイリアン、ロボット)が領土を支配すべく戦っており、プレイヤーは1つの派閥に所属し、味方と連携しながら領土を拡大していく内容のゲームとなっています。

本ゲームは「Play To Eren」モデルを採用しており、ゲーム内で獲得したアイテムを売却したり、領土を支配するオーナーになり税金を徴収するなどして、お金(リアルマネー)を稼ぐことができます。

そこで、今回はスターアトラスについて、どんなことができるのかご紹介します。

2021年4月リリース予定のゲームなので、ホワイトペーパー※を中心に、今公開されている情報をお伝えします。

※事業計画書

スターアトラスとは

参照 スターアトラス公式サイト

スターアトラスとは、2620年を舞台に、人間、エイリアン、ロボットによって支配されている宇宙をテーマにしたMMOタイプのメタバース(仮想現実)ゲームです。

MMOとは

大人数が一度に同じサーバーにログインして,同じ空間で遊ぶタイプのゲームのこと

3つの派閥(人間、エイリアン、ロボット)が領土を支配すべく戦っており、プレイヤーは1つの派閥に所属し、味方と連携しながら領土を拡大していく内容のゲームとなっています。

本ゲームは「Play To Eren」モデルを採用しており、ゲーム内で獲得したアイテムを売却したり、領土を支配するオーナーになり税金を徴収するなどして、お金(リアルマネー)を稼ぐことができます。

また、最先端のグラフィックと最新の3Dテクノロジーを組み合わせているので、映画を見ているかのようなクオリティに仕上がっています。

スターアトラスの特徴

参照 スターアトラス公式サイト

スターアトラスには3つの特徴があります。

  • 映像がキレイ
  • Solanaブロックチェーン使用でガス代が安い
  • ゲーム内のルールを決められる

【特徴1】映像がキレイ

本ゲームは「Unreal Engine 5(アンリアル エンジン 5)」と呼ばれるゲームエンジンを採用しています。

このエンジンは、グラフィックの美しさから映画のようなリアルな描写が求められるゲームに使用されており、最近でいうと映画マトリックスを舞台にしたPlayStation 5 と Xbox Series X/S向けゲーム「The Matrix Awakens: An Unreal Engine 5 Experience」という作品に使用されています。

↓ 「Unreal Engine 5」の技術デモ

また、下記が2021年に公式より公開されたスターアトラスのティザー映像です。

現在、リリースされているブロックチェーンゲームは、まだまだグラフィックに優れた作品が少ないので、とても期待が持てますね。

【特徴2】Solanaブロックチェーン使用でガス代が安い

本ゲームはSolanaブロックチェーンを使用しています。

Solanaチェーンの特徴として、処理速度が速い点が挙げられます。

毎秒50,000トランザクションの処理が可能で、この処理の速さがスターアトラスの巨大なメタバース空間を実現しています。

また、Solanaはガス代(取引手数料)が安い点も特徴です。

ゲーム内で獲得したアイテムを売買する際、ガス代が発生しますが、Solanaチェーンではガス代を安く抑えることができます。

そもそも「Play To Eren」を採用しているので、1人が1度きりの取引ではなく、複数回に渡り取引されることが予想されます。

そういった点で、Solanaチェーンはガス代が安いので取引に対する敷居が低くなり、多くのプレイヤーが安心して取引できるようになっています。

【特徴3】ゲーム内のルールを決められる

本ゲームは分散型自律組織(DAC)の実装しており、自分たちでゲーム内のルールを決めることができます。

従来のゲームは運営がすべてのルールを決め、プレイヤーはそのルールに従って遊ぶしかありませんでした。

ひとつの例として、ゲーム内トークンPOLISの所有者は、「誰がその領土を所有しているかに関わらず、その領土全体を管轄するオーナーになることができる」仕組みがあります。

オーナーは、その領土に訪れた他のプレイヤーに対し、税金、手数料、罰金を課すことができる、言葉だけ見ると独裁的な立場です。

ですが、本ゲームではプレイヤーにゲームの運営方針に投票する権利が与えられるため、ある種、自分たちでゲーム内のルールを決めることができます。

運営側もすべてのルールを決めることなく、プレイヤーの声を汲み取り、プレイヤーとともに運営していくゲームとなっています。

スターアトラスの遊び方

参照 スターアトラス公式サイト

スターアトラスでは、下記の遊び方ができます。

  • 【STEP1】派閥の選択
  • 【STEP2】派閥内の安全地帯からプレイ開始
  • 【STEP3】探索
  • 【STEP4】バトル
  • 【STEP5】宇宙船の強化

【STEP1】派閥の選択

参照 スターアトラス公式サイト

本ゲームは広大な宇宙が舞台のゲームということで、プレイヤーは派閥(組織)に所属し、その派閥内のプレイヤーと協力して進めていきます。

派閥は3つあり、プレイヤーはゲーム開始時にひとつ選択※し、プレイします。

※1度選択したら、2度と変更できない。

3つの派閥
・MUD(人間)

・ONI(エイリアン)

・Ustur(ロボット)

同じ派閥内のプレイヤーはすべて味方となり、残り2つの派閥が敵となります。

公式から、それぞれの能力は発表されていないので、好みの派閥を選ぶと良いでしょう。

【STEP2】派閥内の安全地帯からプレイ開始

参照 スターアトラス公式サイト

派閥を選択したら、派閥内の安全地帯からゲームが開始します。

この安全地帯ではバトルを一切行うことができず、出航するための準備をする場所として利用されます。

安全地帯でできること
・造船所(船の製造、修理、燃料補給など)

・格納庫(船の保管)

・カーゴ(資材と部品の保管)

・お店(部品や資材の製造・販売)

・大学(乗組員の勧誘とトレーニング)

はじめに、自分の宇宙船に乗せる乗組員を確保したり、船の強化をします。

ある程度、準備が整ったら、出航します。

エリアは「中距離ゾーン」と「遠距離ゾーン」に分かれており、これら2つゾーンではバトルを行うことができます。

・中距離ゾーン

・遠距離ゾーン

「中距離ゾーン」では、バトル中に宇宙船が破壊されてもアイテムはすべてリセット(復活する)される、初心者向けのゾーンです。

一方、「遠距離ゾーン」では、バトル中に宇宙船が破壊された場合、破壊されたアイテムは永久的に失われます。

永久的に失われるアイテムの例

・船の部品

・脱出ポッドに乗った乗組員

「遠距離ゾーン」のほうが永久的にアイテムを失うリスクがあるため、「中距離ゾーン」に比べてレアリティの高いアイテムを入手することができると考えられます。

【STEP3】探索

参照 スターアトラス公式サイト

惑星や領土はすべて実在(オブジェクトではない)し、訪問可能となっています。

なので、目の前に見えた惑星はすべて訪れることができるので、視覚的な探検が可能です。

また、惑星間の距離は非常に遠く、お目当ての惑星に行くにはたくさんの燃料※を確保する必要があります。

※燃料は、ゲーム内アイテムで入手するか、課金して入手するのかと思われます。

さらに、宇宙船には「スキャンモジュール※」と呼ばれる、お宝アイテムが探索できる機能が備わっており、プレイヤーは宇宙に隠されたお宝を探すことができます。

※宇宙船のレアリティによって探索できる範囲が異なる

このお宝アイテムはNFT化されており、マーケットプレイスにて販売・売却することが可能です。

【STEP4】バトル

参照 スターアトラス公式サイト

すべての宇宙船には、武器を搭載したタレットと、ミサイルベイが装備されています。

タレットには「エネルギー型」「弾道型」「破壊型」があり、敵の船や装備に合わせて「型」を変えることが可能です。

また、すべてのプレイヤーは「アグレッシブ」と「パッシブ」のどちらかのシグナルを相手に送ることができます。

「パッシブ」状態で、正式な宣戦布告をせずに相手が攻撃してきた場合は、シールドが展開し、かつ操作性が向上するので、敵から逃げれるような仕様になっています。

【STEP5】宇宙船の強化

参照 スターアトラス公式サイト

すべての宇宙船には、機能やステータスを強化するための「コンポーネント」や「乗組員」という要素があります。

コンポーネントは装備品のことで、船の特性に応じてコンポーネントを装備することで、船を強化することができます。

また、乗組員も同様、船を強化する要素になります。

乗組員は時間の経過とともに強化され、大学で同期だったり、以前に同じ船で訓練を受けていた乗組員たちが搭乗していると追加で船が強化されます。

発行されるトークンについて

本ゲームでは、「ATLAS」と「POLIS」というトークンが発行されます。

  • ATLAS
  • POLIS

ATLAS

主に、ゲーム内アイテムを購入する際に使用されるトークンです。

NFT化された「船」「乗組員」「宇宙ステーション」「土地」などのアイテムは、ATLASトークンによって取引されます。

また、「船の燃料」や「船の修繕費」などといった消費される物もATLASトークンで支払う必要があります。

POLIS

主に、ゲームの方針を決める際に使用されます。

POLISトークン所有者にはゲームの運営方針の投票権利が与えられたり、領土のオーナーになる権利が獲得できます。

スターアトラスの稼ぎ方

参照 スターアトラス公式サイト

続いて、スターアトラスの稼ぎ方についてご紹介します。

  • アイテムを売買する
  • オーナーになり、税金・手数料を徴収する

アイテムを売買する

プレイ中に獲得したアイテムや購入した宇宙船はNFT化されており、プレイヤー間で売買することができます。

下記がNFT化されているアイテムです。

アイテム一覧
・宇宙船

・乗組員

・コンポーネント(装備品)

・武器

・土地

・衣類

これらはATLASトークンで取引でき、ATLASトークンを日本円と交換することでリアルマネーを稼ぐことができます。

オーナーになり、税金・手数料を徴収する

本ゲームではPOLISトークンの保有量に応じて、惑星や領土のオーナーになることができます。

オーナーになることで惑星(領土)を支配することができ、その支配する惑星に訪れたプレイヤーに対し、税金や手数料(ATLASやPOLISトークン)を徴収することができます。

資源やアイテムが豊富な惑星(領土)のオーナーになることで、多くのプレイヤーが訪れることが予想されるため、たくさんのトークンを獲得することが可能です。

まとめ

本日はスターアトラスについてご紹介しました。

スターアトラスとは、2620年を舞台に、人間、エイリアン、ロボットによって支配されている宇宙をテーマにしたMMOタイプのメタバース(仮想現実)ゲームです。

「Play To Eren」モデルを採用しており、ゲーム内で獲得したアイテムを売却したり、オーナーになり税金を徴収するなどして、お金(リアルマネー)を稼ぐことができます。

2021年4月リリース予定のゲームなので、興味があれば遊んでみてください。

本日は以上です。

bitbank

-ブロックチェーンゲーム, メタバース
-