SEO対策 内部対策

strongタグを使いすぎるとペナルティ?strongタグの正しい使い方!

悩んでいる人
strongタグを使いすぎるとペナルティがあるってホント?strongタグの使い方を教えて下さい。

そんな疑問にお答えします。

1つのコンテンツ(記事)にstrongタグを使いすぎると、ペナルティを受ける可能性が高くなります。

strongタグはSEO効果があり、strongタグを多用しすぎるとSEO(Google)の評価を下げてしまうので注意しましょう。

そこで今回は、strongタグの正しい使い方をご紹介します。

むやみやたらにstrongタグを使っている方は、過去のコンテンツ(記事)を見直してみましょう。

\当サイト使用WordPressテーマ/
サンプル
AFFINGER6

strongタグとは?

strongタグとは?bタグとの違いは?

strongタグとは、特定の単語を強調することができるタグです。

HTMLのソースコードでは、「<strong>●●●</strong>」に挟まれた単語を太字で強調できます。

<strong>●●●</strong>

太字で強調することで、ユーザにその単語が重要だと認識してもらえます。

bタグとの違いは?

bタグとの違いは?

strongタグと似たものでbタグがあります。

bタグは、strongタグ同様、「<b>●●●</b>」に挟まれた単語を太字で強調できます。

それでは、「strongタグとbタグはどのような違いがあるのでしょうか。

一番は、検索エンジンに大事な単語であることを伝えるかどうかです。

簡単に言うと、

strongタグは「SEO効果あり
bタグは「SEO効果なし

となります。

ポイント

strongタグ・・・検索エンジンに大事な単語と伝えることができる。SEO効果あり
bタグ・・・ただ単に、太字にする。SEO効果なし

strongタグのSEO効果は?

先ほどもお伝えしましたが、strongタグのSEO効果があります。

strongタグで挟めば、検索エンジンに「この単語は大事ですよ」と伝えることができます。

strongタグの使い方!

悩んでいる人
では、strongタグをたくさん使ったほうが検索上位に持っていけるじゃん。
トド

いや、strongタグを多用しすぎるとペナルティの対象になるので、注意が必要だよ!

それでは、どのようにstrongタグを使えばいいのでしょうか。

下記にポイントをまとめています。

strongタグの使い方まとめ

  • 「文章」ではなく、「単語」に使う
  • 見出しタグとの併用禁止
  • 1つのコンテンツ(記事)に使用できるのは最大3回まで
  • 複数利用する場合は、異なる単語に使用する

それでは、一つずつ見ていきましょう。

「文章」ではなく、「単語」に使う

strongタグは、「文章」ではなく、「単語」に使いましょう。

キーワードが複数入った文章にstrongタグで挟むことはNGです。

正しい使い方

表示速度が遅いサイトはユーザの離脱率が高く、また、SEO(Google)の評価も悪くなってしまうので対策が必要です。

間違った使い方

表示速度が遅いサイトはユーザの離脱率が高く、また、SEO(Google)の評価も悪くなってしまうので対策が必要です。

見出しタグとの併用禁止

続いて、見出しタグ「<h2></h2>」「<h3></h3>」と併用することも禁止です。

例)

<h2><strong>アフィリエイト初心者が1ヶ月で月10万円稼ぐ方法</strong></h2>

見出しタグはstrongタグと同様に、単語を強調する役割あるため、評価を下げてしまう可能性があります。

1つのコンテンツ(記事)に使用できるのは最大3回まで

strongタグを使えるのは、1つのコンテンツ(記事)に付き、最大3回まで。

多少オーバーする分には構いませんが、10回以上使ってしまうとペナルティの対象になります。

複数利用する場合は、異なる単語に使用する

複数回strongタグを使用する場合は、異なる単語に使用しましょう。

すべて同じ単語にstrongタグを使用すると、ペナルティの対象になる可能性があります。

簡単レシピ簡単レシピ集簡単なレシピを考案

なので、上記のように少しズラしてstrongタグで強調すると良いでしょう。

まとめ strongタグは適度に使おう!

まとめ strongタグは適度に使おう!

今回は、strongタグの正しい使い方についてご紹介しました。

改めて、おさらいです。

strongタグの使い方まとめ

  • 「文章」ではなく、「単語」に使う
  • 見出しタグとの併用も禁止
  • 1つのコンテンツ(記事)に使用できるのは最大3回まで
  • 複数回利用する場合は、異なる単語に使用する

一番は、strongタグが1つのコンテンツ(記事)に使用できるのは最大3回までとなります。

もし、文字を強調させたいときは、bタグを使用しましょう。

こちらは、検索エンジンの影響を全く受けずに文字を強調できます。

本日は以上です。

-SEO対策, 内部対策
-, ,