ブロックチェーンゲーム

【NFTゲーム】Universe Island(ユニバースアイランド)とは?ゲームモードやNFTをご紹介

悩んでいる人
ユニバースアイランドってどんなゲームですか?

そんな疑問にお答えします。

Universe Island(以下、ユニバースアイランド)は、いくつかの島に分割されたメタバース空間で行われる1vs1シューティングゲームです。

プレイヤーは島を探索しながら、敵とバトルを行う内容となっています。

また、「Play To Earn(稼ぐために遊ぶ)」と「Free To Play(無料で遊べる)」の要素を組み合わせており、誰でも気軽にプレイ、かつお金が稼げるゲームでもあります。

そこで、今回はユニバースアイランドについてご紹介します。

正式リリース時期は未定なので、ホワイトペーパー※を中心に、現在公開されている情報をお伝えします。

※事業計画書

ユニバースアイランドとは

ユニバースアイランドは、いくつかの島に分割されたメタバース空間で行われる1vs1シューティングゲームです。

オープンワールドの島を舞台に、バトルをしたり、宝物を探したり、自由に遊べるゲームとなります。

また、本ゲームは「Play To Earn」を採用しており、さまざまな場面でNFTやUIMトークン(仮想通貨)が獲得できる仕組みが構築されています。

NFTとは

Non Fungible Token(=非代替性トークン)」の略で、簡単に言うとゲーム内アイテムが「資産」として価値を生み、自由に売買できるようになること

NFT化されたアイテムやスキンは自由に売買でき、UIMトークンを使って他のプレイヤーから購入したり、売却したりできます。

このUIMトークンを日本円と交換することで、リアルマネーが入手できる仕組みです。

ユニバースアイランドの特徴

続いて、本ゲームの特徴です。

  • オープンワールドのマップで自由にプレイ可能
  • お金が稼げる
  • 無料で始められる

【特徴1】オープンワールドのマップで自由にプレイ可能

ユニバースアイランドはオープンワールドのマップになっており、友達や見知らぬ人と自由に遊ぶことができます。

マップは常に拡張され、新しいエリアを探したり、隠された宝物を探したりとさまざまな遊び方ができます。

【特徴2】お金が稼げる

本ゲームはバトルで勝利したり、島で宝物を見つけることで、報酬(NFT、UIMトークンなど)が獲得できる仕組みが構築されています。

NFTはマーケットプレイス(販売所)で自由に売買することができ、UIMトークンが獲得できます。

また、UIMトークンを日本円と交換することで、リアルマネーが入手できます。

なので、強くなればなるほど、ゲームで遊びながらお金が稼げるということです。

【特徴3】無料で始められる

初期投資なしで始められます。

従来のブロックチェーンゲームは数千円〜数万円の初期投資をしないとアカウントすら作れない仕組みでした。

その点、本ゲームは一切お金をかけることなく始められるので、多くのプレイヤーが遊ぶことができます。

登場するキャラクター

キャラクターは4人おり、プレイヤーは1人のキャラクターを選択してバトルします。

  • ANIME GIRL(アニメガール)
  • ALIEN(エイリアン)
  • GOLEM(ゴーレム)
  • ROBOT(ロボット)

【キャラクター1】ANIME GIRL(アニメガール)

攻撃力に優れたキャラクターです。

欠点はなく、バランス良くステータスが振り分けられているのが特徴です。

【キャラクター2】ALIEN(エイリアン)

4人の中で最もスピード、ジャンプ力に優れたキャラクターです。

マップを縦横無尽に駆け回ることができ、敵が来てもすばやく回避、再び戦いに戻ることに特化してします。

ただ、防御力が最も低いので、相手の間合いに入られた場合、すぐにやられてしまいます。

【キャラクター3】GOLEM(ゴーレム)

4人の中で最も防御力に優れたキャラクターです。

防御力が高い、かつ保護シールドが使用できるため、倒すまでに時間を要するキャラクターです。

ただ、スピードが最も低いので、エイリアンのような速い動きに対応できないのが欠点です。

【キャラクター4】ROBOT(ロボット)

ある場所から別の場所にワープできるキャラクターです。

相手に接近された場合、ワープすることで、一定期間、姿を消すことができます。

ただ、特別ステータスが高いわけではないので、接近された場合、すぐやられてしまうのが欠点です。

NFTアイテム

本ゲームのアイテムはNFT化されており、マーケットプレイスで購入したり、売却できます。

現在、キャラクターに装備するアイテムがNFTとして公開されています。

  • ブーツ
  • 手袋
  • ヘルメット
  • ジェットパック
  • 武器

アイテムを装備することでキャラクターの短所を補いつつ、長所を伸ばすことができます。

また、上記のアクセサリをパワーアップさせる「NFTアップグレードカード」というアイテムもあります。

NFTアップグレードカードには5つのレアリティに分かれています。

レアリティ
・NORMAL(ノーマル)
・UNCOMMON(アンコモン)
・RARE(レア)
・UNIQUE(ユニーク)
・LEGENDARY(レジェンダリー)

アイテムと同じレアリティのカードを使用することで、アイテムをアップグレードできます。

ゲームプレイ

基本ルール

プレイヤーは、4人のキャラクターの中から1人選択し、試合に望みます。

試合開始すると、マップ上のランダムな場所にスポーン(配置)されます。

マップにはAIの敵とプレイヤーが操作する敵がおり、AIの敵を避けながら、敵プレイヤーを攻撃します。

キャラクターのHPは100あり、先にHPを0にしたプレイヤーが勝利となります。

エネルギーシステム

プレイヤーは6つのエネルギーユニットを保持しており、1回の試合で1エネルギーユニットを消費します。

エネルギーユニットは8分で1つ貯まり、即座にプレイしたい場合はUIMトークンでエネルギーポイントを購入することでエネルギーユニットが貯まります。

報酬

試合に勝利すると、NFTやUIMトークンが獲得できます。

また、プレイヤーは試合中に、マップ上にランダムに投下された2つの宝物を入手できます。

この宝物にはUIMトークンが入っており、勝利報酬とは別に、追加でUIMトークンが獲得できます。

ただし、宝物の報酬は勝利した場合のみ獲得できるので、試合に負けると消滅します。

発行されるトークンについて

本ゲームでは、UIMトークン(仮想通貨)が発行されます。

UIMトークンはゲーム内通貨として、ゲーム内アイテムを購入する際に使用できます。

また、現実世界での取引に使用でき、マーケットプレイスで他のプレイヤーとNFTの取引をする際にも使用されます。

今後の開発予定

今後の開発予定です。

2022年4月〜6月
・NFTアイテム販売
2022年7月〜9月
・土地販売
2022年10月〜12月
・新しいキャラクター+武器 公開

まとめ

今回は、ユニバースアイランドについてご紹介しました。

改めて、ユニバースアイランドは、いくつかの島に分割されたメタバース空間で行われる1vs1シューティングゲームです。

オープンワールドの島を舞台に、バトルをしたり、宝物を探したり、自由に遊べるゲームとなります。

正式リリース時期は未定なので、情報が公開され次第、追加します。

本日は以上です。

bitbank

-ブロックチェーンゲーム
-