ブロックチェーンゲーム

Wizardia(ウィザーディア)とは?RPG要素を備えた戦闘系ブロックチェーンゲーム

悩んでいる人
ウィザーディアってどんなゲームですか?

そんな疑問にお答えします。

Wizardia(ウィザーディア)とはRPG要素を備えた戦闘系ブロックチェーンゲームです。

3人1組のチームで、バトルをする内容のゲームとなっています。

また、「Play to Earn」モデルを採用しており、ゲームで遊びながらお金(リアルマネー)を稼ぐことができます。

そこで、今回はウィザーディアはどんなゲームなのか、ゲームモードや稼ぎ方についてご紹介します。

2022年10〜12月リリース予定なのでホワイトペーパーを中心に、現時点で発表されている情報をお伝えします。

ウィザーディアとは

参照 wizardia公式サイト

Wizardia(ウィザーディア)とはRPG要素を備えた戦闘系ブロックチェーンゲームです。

プレイヤーは「ウィザード」と呼ばれるキャラクターを3人集め、それらキャラクターで対戦する内容のゲームとなっています。

ウィザードはNFT化(後述する)されており、他のプレイヤーから購入したり、交換するなどして入手できます。

また、本ゲームは「Play to Earn」モデルを採用しており、ゲームで遊びながらお金(リアルマネー)を稼ぐことができます。

バトルの勝利報酬やウィザードを他のプレイヤーに売却することでWZRDトークン(ゲーム内通貨)を受け取り、そのWZRDトークンを日本円と交換することで稼ぐことができます。

対応デバイスPC
プレイ費用情報なし
(2022年3月31日時点)
言語英語
公式サイト詳細を見る

ゲーム内で登場するNFT

参照 wizardia公式サイト

本ゲームでは、2種類のNFTが登場します。

NFTとは

Non Fungible Token(=非代替性トークン)」の略で、簡単に言うとゲーム内アイテムが「資産」として価値を生み、自由に売買できるようになる

  • Arena Genesis NFT(アリーナジェネシスNFT)
  • Wizard NFT(ウィザードNFT)

Arena Genesis NFT(アリーナジェネシスNFT)

Arena Genesis NFT(アリーナジェネシスNFT)とはゲーム開始前に一定のWZRDトークンを賭けることで収益の一部を受け取れるシステムで、ステーキングのようなものです。

ステーキングとは

特定の暗号資産を預けることで、報酬としてその暗号資産を受け取れること。イメージは銀行に日本円を預け、利子として日本円を受け取る銀行預金のようなもの

本ゲームでは「アリーナトーナメント(以下、アリーナ)」と呼ばれるバトルモードがあり、参加費を支払うことで出場でき、勝利すると多額のWZRDトークンが貰えます。

アリーナジェネシスNFT所有者は、特典として、アリーナに参加しなくても、一定の報酬を受け取ることができます。

ただし、報酬はゲームがリリース(2022年10月予定)されてからになるので、それまでは一切報酬が受け取れません。

また、預けている間、WZRDトークンがロックされ、引き出せないので注意しましょう。

注意ポイント

・ゲームがリリースされないと報酬が受け取れない

・ゲームがリリースされるまでトークンは凍結される

このアリーナジェネシスNFTは7回のラウンド※で配布され、1つのラウンドが終わると、次のラウンドが始まります。

※2022年3月31日時点で4ラウンド目開催中

>> アリーナジェネシスNFTを購入する

Wizard NFT(ウィザードNFT)

参照 wizardia公式サイト

ウィザードはゲーム内のキャラクターのことで、アリーナでバトルするには3人のウィザードが必要です。

入手するには購入する必要があり、購入しないとゲームがプレイできない※仕組みとなっています。

※お金が稼げないということ。普通に遊ぶ分には所持してなくてもOK

また、NFT化されているので、他のプレイヤーと交換したり、売却することができます。

2022年4〜6月に販売開始予定で、現時点でキャラクターの性能は公開されていないため、分かり次第追記します。

ゲームモード

参照 wizardia公式サイト

本ゲームはPvP(プレイヤー同士の対戦)やPvE(コンピュター対戦)など、様々なゲームモードが用意されています。

  • チャレンジャーファイト(PvE)
  • デュエルファイト(PvP)
  • ウィークリーチャレンジシリーズ(PvE)
  • アリーナトーナメント(PvP)
  • Final Destruction(PvP)

チャレンジャーファイト(PvE)

コンピュターと対戦する練習モードです。

デュエルファイト(PvP)

プレイヤー同士で対戦するモードです。

互いにWZRDトークンを賭け、勝利すると報酬(WZRDトークン)が貰えます。

ウィークリーチャレンジシリーズ(PvE)

その週の中で、最も優れたプレイヤーに報酬が配布されるモードです。

アリーナトーナメント(PvP)

プレーオフ形式のトーナメントで、勝利すると多額のWZRDトークンが貰えます。

プレイヤーは5回のPvPバトルを通じて、参加資格を得る必要があります。

Final Destruction(PvP)

合計7桁の賞金が獲得できる世界規模のトーナメントです。

優勝者には6桁の米ドルが獲得でき、その他上位プレイヤーも賞金が貰えます。

バトルシステム

参照 wizardia公式サイト

本ゲームのバトルはターン制で、勝利するとアイテムやスキルの習得、レガシーポイントが獲得できます。

【システム1】チーム編成

1チーム3人のウィザードで編成され、装備品を身につけ戦います。

対戦相手はチームの強さに応じて、自動マッチングします。

【システム2】ターン制

バトルはターン制です。

フィールドに存在するウィザードが攻撃や呪文の発動を行い、すべてのウィザードが行動を終えるとターンが終了します。

また、呪文やバフの効果で制限されたウィザードは、そのターン行動することができず、スキップされます。

【システム3】勝敗

3人のウィザードがすべて倒れると、バトルは終了します。

勝利したプレイヤーは報酬を受け取り、敗北したプレイヤーにも少ないながら報酬が配布されます。

発行されるトークンについて

本ゲームでは、WZRDトークンが発行されます。

トークン名Wizardia
トークンシンボルWZRD
時価総額ランキング3,545位 ※
価格21.52円 ※
※2022年3月30日時点のレート

WZRDトークンは、下記の場面で利用されます。

支払い
・アイテムを購入する

・ウィザードを購入する

・ウィザードの能力を上げる

・トーナメントの参加料
獲得する
・バトルの勝利報酬

・ウィザードを売却する

WZRDトークンを使用する(支払う)ことで、アイテムやウィザードを購入したり、ウィザードの能力を上げることができます。

また、バトル時の報酬やウィザードを売却することで、WZRDトークンを受け取ることができます。

このように、ほとんどの場面で使用されるほど重要な通貨となります。

ウィザーディアの稼ぎ方

参照 wizardia公式サイト

本ゲームは「Play To Eren」モデルを採用しており、ゲーム内で獲得したWZRDトークンを日本円に交換することでお金(リアルマネー)を稼ぐことができます。

獲得方法は下記のとおりです。

  • アリーナでのバトル報酬
  • WizardsNFTのレンタル料金
  • GenesisNFT保有による収入
  • NFT販売による収入

詳細はまだ公開されていないので、分かり次第、追記します。

ロードマップ

今後の予定は、下記のとおりです。

2022年第1四半期(1月〜3月)
アリーナジェネシスNFT公開販売

・ステーキングプログラム
2022年第2四半期(4月〜6月)
・バトルアリーナゲーム(アルファ版)

・トーナメントシステム

ウィザードNFT販売
2022年第3四半期(7月〜9月)
・グローバルトーナメント
2022年第4四半期(10月〜12月)
フルゲームローンチ

・モバイルアプリ

開発が順調にいけば、2022年10月〜12月に正式リリースされます。

まとめ

今回は、ウィザーディアについてご紹介しました。

改めて、ウィザーディアとは3人1組のチームで、バトルをする戦闘系ブロックチェーンゲームです。

「Play to Earn」モデルを採用しており、バトル報酬やキャラクターを売却することでお金(リアルマネー)を稼ぐことができます。

2022年10月以降に正式リリースされる予定なので、興味ある方は遊んでみてください。

本ゲームは以上です。

bitbank

-ブロックチェーンゲーム
-